現場の働き方改革を支援するお役立ち情報サイト

帳票のデジタル化で90分かかっていた事務処理がわずか10分で完了 – 日本エコシステム

日本エコシステムは全国8拠点に事業所を構え、戸建て住宅やアパートに太陽光パネルや蓄電池を設置しています。工事を行うにあたって、事前の現地調査や工事中の安全パトロールなど、さまざまな確認が必要で、その都度、チェックシートや報告書を印刷してペンで記入していました。担当者は、帰社後にパソコンで同じ内容を入力し直す必要があり、報告に伴う作業時間が社員の大きな負担になっていたのです。

「現地確認の作業は、ほぼ毎日発生します。社員は複数の現場を丸一日かけて回った後で、帰社してから90分近くかけて報告書をまとめていました。弊社では、ITのテクノロジーを様々な業務に適用するという方針があり、現場の作業についてもデジタル化することで、生産性の向上や社員の負担を減らすことができないかと考えていました」と、経営企画部IT推進室の海老名健二郎氏は話します。

もっと読む

Pocket
LINEで送る